荷物がいっぱい!どうする引っ越し アート引越センターに聞く 高齢者の今どき引っ越し事情

高齢になってからの引っ越しは思ったより大変。
長年の生活で荷物は増えていて、整理するのも荷造りするのもひと苦労。
身近に相談できる家族や知人がいない場合はさまざまなサポートが必要です。
そして高齢者向けの施設に引っ越すときの注意点は?
今どきの高齢者引っ越し事情について、アート引越センター大分営業所 岩本所長にお伺いしました。

Qご高齢者の引っ越しの特徴は?

長年にわたって人生を歩んでこられていますので、家財が増えていることが多いですね。お子さんの成長につれて荷物はどうしても増えますし、家を出られた子どもさんが実家に置いている荷物もあるでしょう。婚礼ダンスやピアノのような大物家具をどうするのかという問題もあります。子どもさんのお宅はスペース的に厳しいことが多いですね。引っ越し先のスペースも限られているのなら、この際、思い切って処分することを考えましょう。ある程度、時間がかかることを念頭に置いて準備されるといいですね。

Q高齢の方は身心への負担も心配です。

その方の体力やご要望に応じて事前の打ち合わせでプランを決めます。荷造りはご自分でされるのか業者に任せるのか、あるいは荷造りも荷ほどきも両方とも任せるのかなど、きめ細かく決めていきます。「私はどこまでしておけばいいの?」というご質問がよくありますが、当社に荷造りをお任せいただく場合でも、お客さまには「持って行く物と持って行かないものをはっきり分けておいてくださいね」とお願いしています。それから貴重品や肌着など身の回りの品の管理もお願いしています。引っ越しは体力を使うだけでなく気疲れしますし、すべて終わると気が抜けてどっと疲れが出ることもあります。任せられるところは上手にお任せいただければと思います。

Qそのような背景を踏まえ、
業界初の60歳からの引っ越しパックが生まれたのですね

そうですね。当社には「シニアパック」という引っ越しパックがあります。引っ越しの約1カ月前に1回、「暮しの整理士」がお客さま宅に訪問し、荷物の整理・整頓などについて2時間無料でアドバイスするサービスです。60歳以上の方がいらっしゃるご家族がご利用いただけます。暮らしの整理士というのは、お客さま宅の掃除、整理・整頓、模様替えなどの業務を1年以上経験したスタッフに与えられる、当社の社内資格です。どうぞ安心してお任せください。

Q実際の引っ越しは?

搬出入の際は家具や建物に傷をつけないように養生をします。大きい家具は設置まで行いますし、ベッドや洋服ダンスなどは必要があれば分解・組み立てまで行います。ふだんなかなか掃除のできないタンスや冷蔵庫の後ろなどの掃除をするクリーンサービスもあります。基本的にご自分で荷造りをされる場合でも、直前までご使用になる布団やハンガーに掛かった洋服などについては、当日、資材をお持ちして当社スタッフが荷造りします。扇風機、除湿器や電子レンジなど、箱に入らない物も当社で口開きの箱に入れます。梱包する箱はガムテープで色分けして、引っ越し直後にすぐ必要になる物は何色、割れ物は何色という具合に一目見ただけで分かるよう工夫しています。

Q有料老人ホームなど施設に引っ越すときに気を付けることは?

施設の場合は1部屋か、あっても2部屋ですので、大量の荷物は持って行けません。共用スペースで食事をするのなら食卓やイスも必要なくなります。家電や家具が据え付けられている施設ではさらに荷物をコンパクトにしなければなりませんね。搬入の時間帯は施設の職員さんとも打ち合わせをして決めます。食事時間を避けるようにし、施設によっては時間帯に制約があるケースもあります。当社の場合は引っ越し当日にティッシュを両隣と前のお宅にお持ちし、「今日は引っ越しでご迷惑をおかけして申し訳ありません」という気持ちをお伝えしています。

Q引っ越した後のサービスは?

当社の場合はシニアの方に限らず、国内でお引っ越しをされたお客さまを対象に、引っ越されてから1年間、1回の「家具移動無料サービス」を行っています。引っ越しのときにとりあえず設置した家具は、生活しているうちに使い勝手が悪くなることがありますね。洋服ダンスと整理ダンスが反対の位置がよかったとか、日が当たるとか、冷蔵庫の扉の開きが逆の方がいいとか、引っ越し時には判断しづらいことがありますので、引っ越し後の家具移動無料サービスをご利用ください。さらに当社では、季節の衣替えや模様替えについても別途の有料サービスがありますのでお問い合わせください。

Q引っ越し事情は皆さん、さまざまなのでしょうね。

男性の場合、女性の場合、ご夫婦の場合でそれぞれ違います。男性は女性に比べると、長年お仕事をされていて家の中のことをあまりご存じないことが多いですね。ご夫婦の場合や、息子さん、娘さんが一緒に作業をする場合もありますが、荷物を持って行くかどうかでご家族の間で意見が合わないこともあります。逆にご本人だけで作業をすると、どうしても捨てきれなくて荷物が増えることが多いです。引っ越し事情は十人十色です。年齢や荷物が多いか少ないかなどは気になさらず、お気軽にプロにご相談ください。

アート引越センター
大分営業所

所長 岩本 俊二 さん

施設紹介数 379

地図から探す

大分県のGoogle Mapページから施設情報を簡単に探せます

エリアから探す

  • (宇佐市、中津市)

  • 介護事業所のホームページ作成します!
  • 福祉や介護に携わるプロフェッショナルにインタビュー

ページ上部へ戻る