福祉や介護現場を支えるプロたち〜お仕事拝見!〜

よく耳にするけど、実際どんな仕事をしているの?
今回は、介護福祉士・作業療法士・理学療法士として活躍している3人にスポットをあて、仕事について、そして支援を必要としている人に対してどのように携わっているのかを聞きました。

  • 介護福祉士 三浦 晃史さん
  • 作業療法士 白坂 円さん
  • 理学療法士 川野 剛士さん
公益社団法人 大分県理学療法士協会 川野 剛士さん

適切な時期に適切な支援を行えば
その後の人生が変わることも

 一般的に「理学療法士」と言えば、リハビリを行う仕事というイメージが強いと思いますが、ただ動作ができるように支援するだけでなく、その先にあるお一人おひとりの生活まで見据えて、人間らしく生きるという視点から支援を行っています。私は病院でのリハビリが終わった方などを対象に、介護保険を利用した在宅リハビリテーションに携わっています。本人が生活の中でやりたいことをやれるように、ご家族や他の介護専門スタッフと連携してプログラムを提案しています。支援の内容は、家で安全に過ごせるように、家から外に出かけられるように、地域のサロンに参加できるようになどさまざまです。

ご自分ではほとんど歩けなかった方が、在宅リハビリを経て世界旅行を楽しめるまでになったこともありました。「年を取ったらできなくなるのが当たり前」とは思わずに、なるべく早めにご相談いただきたいです。

入居を考える時の相談相手〜相談に携わるプロフェッショナル〜

入居を考える際、誰に相談したらよいのか、どこに相談すればよいのでしょうか。相談窓口としての機能を担う資格を持つ方や職種の方々に、どんな現場にいて、どんな仕事内容なのかを聞きました。

  • 社会福祉士 白田 晃久さん
  • ケアマネジャー 園田 真奈美さん
  • 医療ソーシャルワーカー 中村 賢介さん
施設紹介数 379

地図から探す

大分県のGoogle Mapページから施設情報を簡単に探せます

エリアから探す

  • (宇佐市、中津市)

  • 介護事業所のホームページ作成します!
  • 福祉や介護に携わるプロフェッショナルにインタビュー

ページ上部へ戻る