施設の種類

高齢化社会が進むにつれ、あちこちで目にするようになった高齢者向けの住まいや施設には、様々な種類があります。ここでは、代表的な高齢者向けの住まいや施設について簡単に紹介します。

有料老人ホーム

319施設 ※開始予定含む(平成28年5月1日 時点)

①食事の提供 ②介護(入浴・排せつ・食事)の提供 ③洗濯・掃除等の家事の供与 ④健康管理のサービスのうち、いずれかもしくは複数のサービスを提供する居住施設です。
「介護付き」・「住宅型」・「健康型」の3種類があります。

  • 介護付有料老人ホーム

    介護等のサービスが付いた高齢者向けの居住施設。県や市から「特定施設入居者生活介護」の指定を受けています。介護等が必要になっても、有料老人ホームが提供する介護サービスを利用しながら、ホームでの生活を継続することができます。

    > 施設一覧はこちら

  • 住宅型有料老人ホーム

    生活支援等のサービスが付いた高齢者向けの居住施設。介護が必要となった場合、入居者自身の選択により、必要に応じて外部の訪問介護等の介護サービスを利用しながら、ホームでの生活を継続することができます。

    > 施設一覧はこちら

  • 健康型有料老人ホーム

    食事等のサービスが付いた高齢者向けの居住施設。介護が必要となった場合には、契約を解除し退去しなければなりません。

サービス付き高齢者向け住宅(別称:サ高住)

62施設 ※開始予定含む(平成28年3月1日 時点)

一般的な賃貸住宅よりも高齢者が住みやすく、借りやすいことに特徴があります。その契約は、利用権方式ではなく賃貸借方式が多く、入居時に支払う敷金の返還を受けやすいなどの点で、入居者の権利を守る仕組みが取り入れられています。居室にはトイレや洗面設備、収納設備などが設置され、一定の広さや施設全体の床に段差がない、廊下幅が78センチ以上あるなどバリアフリー構造が義務化されています。

> 施設一覧はこちら

ケアハウス(軽費老人ホーム)

15施設(平成28年4月1日 時点)

高齢などの理由により、独立して生活するには不安があり、家族による援助を受けることが困難な高齢者のための施設。原則60歳以上(配偶者は60歳未満でも可)の方が入居できます。各種生活相談に応じるとともに、適切なアドバイス、食事や入浴サービスの提供が行われ、ブザー等緊急の連絡に必要な設備が設けられています。

> 施設一覧はこちら

経過的軽費老人ホーム(軽費老人ホームA型)

4施設(平成28年4月1日 時点)

家庭環境や住宅事情等の理由により、居宅で生活することが困難な高齢者のための施設。
食事付き。原則60歳以上(配偶者は60歳未満でも可)の方が入居できます。
ケアハウスとは設備等が異なります。

> 施設一覧はこちら

グループホーム(認知症対応型共同生活介護)

131事業所(平成28年4月1日 時点)

認知症(急性を除く)の高齢者を対象とした施設。5〜9人を1ユニット(共同生活住居)とし、最大2ユニットまでの入居者が家庭的な雰囲気と地域住民との交流のもと、入浴・排せつ・食事等の介護などの日常生活上のお世話と機能訓練を受けながら、能力に応じた日常生活を営めるようにし、症状の緩和を図ります。

> 施設一覧はこちら

介護保険施設

※特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)、介護老人保健施設、介護療養型医療施設をいいます。

  • 特別養護老人ホーム
    (介護老人福祉施設)

    130施設(平成28年4月1日 時点)

    主に社会福祉法人などが運営する施設で、常時介護が必要な方に対し、介護職員や看護職員による入浴・食事・排せつの介護や健康管理、機能訓練指導員による機能訓練、生活相談員による各種生活相談、掃除や洗濯、買い物やレクリエーションといった生活援助サービスなどを提供します。2015年4月より、入所できるのは原則「要介護3以上」の方となりました。

  • 介護老人保健施設

    73施設(平成28年4月1日 時点)

    主に医療法人などが運営する施設で、介護職員などによる入浴・食事・排せつなどの身体介護、医師や看護師による医学管理下でのケア、理学療法士、作業療法士などによるリハビリテーションなどのサービスを提供します。最近では、在宅復帰の機能を強化した施設も増えつつあります。入所できるのは「要介護1以上」の方です。

  • 介護療養型医療施設

    49事業所(平成28年4月1日 時点)

    主に医療法人が運営する医療施設で、医学的管理による療養が必要な方を受け入れています。医師による診療、看護職員による療養上の医療ケアや看護、機能訓練指導員によるリハビリテーション、介護職員による介護などのサービスを提供します。痰の吸引、胃ろう、経鼻栄養、酸素吸入といった医学的管理下でのケアに特徴があります。入所できるのは「要介護1以上」の方です。

※各施設数は、大分県福祉保健部 高齢者福祉課の一覧資料を参照

他にも、高齢者向けの賃貸住宅やシルバーハウジングなど、数多くあります。高齢者向けの住宅や施設は、条件や費用、設備、サービス体制等も様々です。一概に言えない部分が多いので、入居を検討する際は見学に行く等を必ず行い、しっかりと内容を確認するようにしましょう!

施設紹介数 379

地図から探す

大分県のGoogle Mapページから施設情報を簡単に探せます

エリアから探す

  • (宇佐市、中津市)

  • 介護事業所のホームページ作成します!
  • 福祉や介護に携わるプロフェッショナルにインタビュー

ページ上部へ戻る